ゴルフ会員権市場のはじまりは大阪?

ゴルフ会員権市場のはじまりは大阪?

ゴルフ会員権流通市場は現在に至るまでには様々な苦労があっただろうと思います。

会員権が株主会員制度や預かり金制度としてスターとしていても、市場としての知名度はさほど無い。

さてどうしたら儲けられるのかと思ったのではないでしょうか。

そこで、ゴルフ会員権を流通市場で売買しようと考えます。

ですが、そこには法律という壁にぶつかります。

諦めずに試行錯誤し他結果、斡旋という形で売買が始まります。

このために東京、大阪、名古屋の三箇所にゴルフサービスセンターを設置します。

これを皮切りに、ゴルフ会員権の斡旋所が開設され取引が始まります。

大阪を含む都心でのはじまりが現在の会員権市場に繋がっているという事になります。

この仕組みを考えるまでには、相当の苦労もあり、考えも巡らせたのだろうと想像しますね。

現在までこの仕組みが続いているわけですので、凄いことだとも思います。

純粋にゴルフを愛していたのか、ただ儲けたかったのかは不明ですが、この市場が確立するまでにもし自分が携われるとすれば、何だか分からない興奮を味わえたのではないかとも思いますね。

開かれたゴルフ場経営

地域に開かれたゴルフ場という記事を見つけました。

かつてゴルフ場開発のために、地方でも森林開発がおおくあり、環境問題に直面していたゴルフ場。

そのゴルフ場が地域活性化に繋がる取組になると書かれていましたので、ちょっと興味を持った次第です。

大阪を含む関西圏にもゴルフ場は沢山あります。

ゴルフ会員権を購入し優先的にプレー出来るとは言いものの、そこにはやはり限界もあります。

その為に経営破綻をまねいたというケース大阪でもよく見かけます。

この記事によりますと、自然との共存に取組、地域の子ども達にも広く開放。

また子供達の長期の休み合わせたイベント開催や地域交流の場、コンサートなどのイベント会場の場としても活用されていると言います。

開かれたと言う事はそう言うことでもあると、この記事を読んで深く考えさせられました。

大阪のゴルフ会員権の売買

ゴルフ会員権の相場の安定と考える前に、ゴルフ場の活用について考えれば、自ずと会員権も安定してくるという事が読み取れます。

ある意味、この取組はゴルフ場の将来のあり方を示唆しているのかも知れません。